夏休み初日

 夏休みに入った。うだるような暑さと耳を裂くほどの蝉の声に包まれながら、友達と虫捕りやら、ゲームやら、あるいは誰かと一夏のアバンチュールやらを楽しむ季節…のはずなのだが、そのほとんどをエアコンの効いた部屋で過ごす。そんな季節が来た。(特に最後のアバンチュールは経験したことがない。つらい。)

 まあ、エアコンの冷風に当たりながら過ごすのも悪くない。

 しかし、そんな夏休みにも、僕らを束縛し、心に重くのしかかる憎き敵がいる。そう、宿題だ。

 

『人は仕事を与えなければ、ろくな事を考えない』という言葉を思い出す。どこで聞いたかは忘れてしまったが、きっと昔の偉い人が言ったのだろう。きっとその人は正しい。人間はそういう生き物だと思う。

 だけど僕らは暇ではないのだ。学校へ行かなくても良いこの時期だからこそ、経験せねばならない事がいくらでもある。そんなチャンスは一年のうち夏休みを置いて他にはないのだ。宿題などという雑事にさく時間はないのである。

 

 正義は我らにあるはずだ。我々学生は立ち上がらなければならない。さぁ、同志の諸君。反乱のときだ。これが僕らの学生運動だ。宿題なんてボイコットしてしまおう。この夏は、闘いの季節となるだろう。

 

 

 こんな事を考えてしまうのも、きっと暑さのせいだ。今年の夏はまた一段と暑い。

 今年こそ、早めに敵を片付け、有意義な夏を過ごしたい。

 

                 平成29年7月21日   松永諒太