暑い

 今日も暑い。

 路面が溶けるのではないかと考えるほど、暑い。

 僕の身体が溶けるのではないかと思うほど、暑い。

 今日はさぞガリガリ君が売れただろう。僕も財布に余裕があれば買っていた。(僕のお小遣いは月3000円だ。上手く使えば十分な金額だが、それができないのが男子高校生の性というヤツか)

 まあいい。赤城乳業が儲かることはどうでもいい。それより僕らの健康だ。

 暑さというのは、人を殺してしまう。近所の爺は『暑さで死んだやつぁおらん』などと訳の分からないことを言っていたが、きっと暑さで脳がイかれたんだろう。

 小学生の頃、熱中症で搬送された。点滴を打つために、物凄く太い注射針を刺された記憶がある。『もう少し遅かったら危なかったよ』男性医師が言ったときのやさしい顔が忘れられない。もう少し遅くなくてよかった。今でも思う。

  皆さんも暑さに気をつけて欲しい。

 

睡眠導入剤が効いてきた。今晩はよく眠れそうだ。

                       平成29年7月22日    松永諒太